斜め35度の視点(@_danboooo_ )

見る角度を変えれば、世界も変わって見える(かもね)

新入社員が一番最初に心得ること/バカの壁をつくるな

私は社員でもなく一介の大学生。

アルバイト先にて
新しく入られた30代のバイトさんに
業務を伝達をした。

そのときに思ったことを語る。

 

 

バカの壁”を持つ新入り

パソコンでの業務を伝達しているのだが
どうしても彼は業務時間内に終わらない。

もちろん、向き不向きがあるのもわかる。
いままであまりパソコンを使ってこなかったために
パソコンでの操作概念が掴みにくいのもわかる。

でも、

それ以前の問題を彼は抱えている。

 

それは『教えられたことを
教えられた方法でやろうとしない』ことだ。

 

彼の作業が遅い原因は様々あるけれど、
特に一番の原因として考えられるのは
「こうしたほうがいいですよ」というと
「いやこの方がやりやすいんで」と
突っぱねられてしまうことだ。

(最近耳にした『バカの壁』のことを思い出した)

 

そして最終的に業務時間内に
終わりそうにならず、私が
サポートしなければならなくなる。

提案した方法でやっていただいて、
時間がオーバーしてしまうならまだいい。

だが、人のアドバイスを聞かずに
遅くなっているのだとしたら、
自分の方法を見直すべきではないか。

 

私たちスタッフが教えている方法は、
みんな共通したやり方をしていて、
慣れれば最終的に一番効率がいい。

いま教えている業務以外のときでも
役立つので是非、というか絶対
やってほしい作業方法なのだ。

 

初めのうちは慣れないから
遅くなってしまうのは仕方ない。

 

でも時間の投資だと思ってほしい。

最終的に時間の効率が上がり、
他の仕事にも手が回るようになり、
会社への貢献度があがり、
自分の収入も増える。

 

このことを少し遠回しで伝えたが
駄目であった。

 

教えられたことをしなさい

「こうした方がもっと効率がいいだろう」

というのは、しっかりその作業を時間内に
丁寧に終わらせるようになってからだ。

彼のような人に教えることを通して
新入社員が大切にすべきことは、


『まずは教えられたことを
教えられた方法で行う』

ということだ。

 

またこれから彼にどうしたら
うまく作業を行ってもらえるか
考えることも課題として残った。

 

相手にばかりに期待せず、
自分の常識を押し付けず、
彼をきちんと業務ができるよう
日々いろいろなアプローチをしていく。

いろいろ学べた一日な、21歳である。